田んぼアートのキセキのlocalpockyさんの感想

2015年7月刊。著者は青森県の田舎館村の副村長さん。遠近法を取り入れる前と後で見え方が段違い。田んぼアートの見学者は年間で数万人も来るとのこと。そんなに人気だったとは知らなかった。◆【引用メモ】「富士山と羽衣伝説」は10種類の稲で表現した絵柄。(p.25)◆現代の稲作に欠かせない存在といえるのが、種もみを発芽させ、田植えのできる大きさまで育てる「育苗農家」の存在です。(p.102)◆紫色の稲は研究所では同じ水田に違う品種の苗を植える際の、境目に目印として植える品種として、使用していました。(p.147)
★2 - コメント(1) - 2015年8月28日
localpocky
読書メモと引用メモの完全版は、こちらです。 http://konohon.blog.jp/archives/44071860.html
- 09/27 21:59


感想・レビュー投稿者

939冊/235762ページ/男性/IT関係

localpockyさんの最近の感想・レビュー

ネーミング全史 商品名が主役に躍り出た
2017年1月刊。出だしの「かつて驚くべきネーミングの体系化があった」にびっくり。日本人なら自然に分…続きを読む
もう一つの「バルス」 -宮崎駿と『天空の城ラピュタ』の時代-
2016年10月刊。スタジオジブリの長編第1作『天空の城ラピュタ』の制作現場の舞台裏。30年経った今…続きを読む
はじめてのサイエンス (NHK出版新書 500)
2016年10月刊。物理・化学・生物・医学・地学の各分野の話が、それとなく繋がっているところが面白い…続きを読む
エンジニアが生き残るためのテクノロジーの授業 (CodeZine BOOKS)
2016年12月刊。ITエンジニアの7つの基本分野(プログラミング、ネットワーク、データベース、セキ…続きを読む
なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか? ―「お客が長居する」のに儲かるコメダのひみつ
2016年11月刊。コメダのコーヒーがお店で淹れずに工場で一括製造するスタイルだとは知らなかった。食…続きを読む
食の金メダルを目指して (日経プレミアシリーズ)
2016年11月刊。三國シェフによる2020年の東京五輪に向けた食への提言。1964年の東京五輪がき…続きを読む
ログイン新規登録(無料)