塩の街―wish on my preciousのhonokaさんの感想

★★★★☆最初の話が真奈の出会った人が塩化して死んでしまう切ない話だったので、読み始めたのを若干後悔した。でも、中盤以降は私の求めていた真奈と秋庭のラブストーリーになって一安心。『図書館戦争』みたいな甘さはないけど素敵な純愛小説だった。とにかく最後は秋庭が生きて帰ってくれてよかった!挿し絵は完璧にオタク系なのでこれで犬猿する人、絶対いるんだろうなと勿体なく感じた。なんか角川の文庫版にはその後のサイドストーリーがあるらしく気になる!
★1 - コメント(0) - 2015年6月23日

感想・レビュー投稿者

714冊/183376ページ/女性

honokaさんの最近の感想・レビュー

おとめ妖怪ざくろ 5 (バーズコミックス)
★★★☆☆ざくろの出生の秘密がとうとう明らかになった巻。ざくろの母親の過去話が大半を占めているので全…続きを読む
小説 言の葉の庭 (角川文庫)
★★★☆☆映画ではなかった後日談があったのが、なにより良かった。他は個人的には映画の方が爽やかで好き…続きを読む
おとめ妖怪ざくろ 4 (バーズコミックス)
★★★★☆ざくろが攫われたことで色々分かり始めたけど、まだまだ謎だらけ。なんとなく胡散臭そうだとは思…続きを読む
超・殺人事件―推理作家の苦悩 (新潮文庫)
★★★★☆ブラックユーモアって今までピンとこなかったけど、こういうのを言うんだな。原稿のページの水増…続きを読む
おとめ妖怪ざくろ 3 (バーズコミックス)
★★★★☆総角×薄蛍、ざくろ×利劔という組み合わせがみれて新鮮だった。2巻で…続きを読む
書店ガール (PHP文芸文庫)
★★★☆☆書店の内部事情が覗けたり、後半の閉店危機から売り上げアップを目指す話は面白かった。&hel…続きを読む
ログイン新規登録(無料)