イニシエーション・ラブのayalaughさんの感想

トリックは確かによく出来ていると思ったが、ストーリー本筋があまりにごく普通の恋愛小説で面白いと思えず、最後まで話に乗れず。話自体がトリックに縛られて窮屈そうなイメージ。前評判からもっと本格的なミステリーなのかと思ってしまっていたので肩透かしを食らった気分。これがどのように映像化されたのかは確かに気になる。
★49 - コメント(0) - 2016年1月24日

感想・レビュー投稿者

241冊/72960ページ/111レビュー/女性

ayalaughさんの最近の感想・レビュー

黄色い部屋の謎 (創元推理文庫)
とても緻密なプロットで書かれた作品。確かに古さは感じるし、ズルさを感じる部分もないわけではないが、ミ…続きを読む
ゼロ時間へ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
再読。犯人がわかった状態で最初から読み直すと、「ゼロ時間へ」とゆっくりと物事が動いていく様がわかって…続きを読む
小説 言の葉の庭 (角川文庫)
映画を見て、映画では描かれていない部分がいろいろ気になって小説版を手に取りました。なるほど、こういう…続きを読む
動機 (文春文庫)
読み応えのある短編4作品。どの作品も、人間誰しもが多かれ少なかれ抱える心の闇を描いていて、その人間臭…続きを読む
黒猫館の殺人〈新装改訂版〉 (講談社文庫)
これは見事にやられました。著者の言う通り、8割は意外と簡単にわかるのですが、残りの2割にこんな仕掛け…続きを読む
第三の時効 (集英社文庫)
短編連作集なので、短編一つ一つを楽しみながら、読了後には1冊の長編を読んだようで大満足の読了感。緻密…続きを読む
ログイン新規登録(無料)