無法の弁護人 法廷のペテン師のくろのすけさんの感想

なんだこれクッソ面白いな。何が魅力かというと、「悪魔の弁護人」と呼ばれる阿武隈の反対尋問。話術によって次々と新事実を浮かび上がらせていく手腕が痛快。
★7 - コメント(0) - 2016年2月21日

感想・レビュー投稿者

3407冊/1071254ページ/男性/29/技術系

くろのすけさんの最近の感想・レビュー

冴えない彼女の育てかた 12 (ファンタジア文庫)
ずっと長い長いラブレターを読んでいたような。なんかもう叫びだしたい。表紙も口絵もさあ・・・・・・もう…続きを読む
デート・ア・ライブ16 狂三リフレイン (ファンタジア文庫)
狂三回。これはいいぞ……。扱いがメインヒロインだぞ…&he続きを読む
賭博師は祈らない (電撃文庫)
最高だった。何もかもが最高だった。前々から賭博というものには惹かれていて、肉体を用いた暴力ではなく、…続きを読む
天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア (新潮文庫nex)
このメディカル・ミステリーはいいぞ。まさしく新感覚。密室の扱い方も病と絡ませることでこんなことになる…続きを読む
ログイン新規登録(無料)