よこまち余話の聖月さんの感想

素晴らしい。既に直木賞を受賞している著者なので、こういうのが本屋大賞にでもなって、多くの人に読まれてほしい。長屋横丁のほのぼのとしたお話、連作長編。最初戸惑うのは、時代設定。著者への先入観、長屋という単語で江戸時代と思って読み始めるが、レコードも小学生の皮靴もある時代。割と近代なのである。1話読む、ふむ。2話読む、ふむふむ。3話までいったら、もうやめられない静けさ。行間が読めるようで読めないようなミステリアス。この世には、時空のネジレや、歴史の繰り返しがあるのかもしれない。一心太助のようなキャラが印象に。
★19 - コメント(0) - 2016年3月21日

感想・レビュー投稿者

1556冊/512998ページ

聖月さんの最近の感想・レビュー

半席
このミスになんでこの作家がランクイン?と思ったけれど、間違いなくミステリー、それも極上の。空が晴れ上…続きを読む
一流アスリートの食事
物語としてはチクハグ。結局、何が錦織を強くしているのか、高梨の勝負メシとは何なのかわからない。炭水化…続きを読む
浮遊霊ブラジル
いやあ愉快。最初の二編は、長編の出だし風。三編目は、まあ短編。次の「地獄」から奇想が爆発、実に愉快な…続きを読む
煽動者
ふむ、騙して、騙されたふりをして、相手を読み、相手の読みを読み、なんてのが、この作家の繰り出す巧さな…続きを読む
手のひらの京
京=みやこ。そう京都の三姉妹のお話。手のひらのようなその盆地に馴染み、そこにいい意味で捉われる。京都…続きを読む
落花生
ちょい、理屈系が強すぎるエッセイ。そんな中にも真実はあって、お洒落は引き算、ロリータは足し算だからむ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)