吾輩の部屋である 1巻の黒鷺さんの感想

そこそこ面白い。「哲学系」って煽りが入ってるけど、別に哲学ってわけじゃなくて、部屋で1人でブツブツ独り言を言ってるだけ。主人公と家具の無言ツッコミだけで話が成立してて上手いし、理系院生の下宿生活って漫画で読むには新鮮だ。化繊を加熱したり目覚ましを分解したりする主人公にも個性があって良い。太陽の塔とか四畳半とか好きならオススメ。
★1 - コメント(0) - 2016年3月24日

感想・レビュー投稿者

2170冊/397678ページ/女性/104/クリエーター系

黒鷺さんの最近の感想・レビュー

潜熱 1 (ビッグコミックス)
魔性的なヤクザのオッサンの魅力と、”処女っぽい”主人公の魅力が、絵と演出で忌…続きを読む
勇者ヴォグ・ランバ(2)<完> (アフタヌーンKC)
政策プレゼンが作者の想像であり漫画としてドラマになっていないところに問題があるのか…?…続きを読む
勇者ヴォグ・ランバ(1) (アフタヌーンKC)
女性の描き方とキィハのデザインは白眉だと思うんだが、本作に重版がかからないんだな。表紙が良くないのか…続きを読む
ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗 (講談社現代新書)
切ない。面白さに誠実であることと商売として成立させることは一致しないにしても、必ずしも矛盾しないはず…続きを読む
それでも町は廻っている 公式ガイドブック廻覧板 (ヤングキングコミックス)
絵の塗りだけで震えた。教えられてしまうことで失われる体験もあるが、堪え性がないので読んでしまう。漫画…続きを読む
ログイン新規登録(無料)