Masatoのくまごろーさんの感想

海外で仕事と子育てしてて、何語で教育するのがいいか悩んでる知人がいて彼女のことがちらちら頭をよぎってつらい。子どもにどんな選択肢を与えるのか、どこまで踏み込むのか、真人のアイデンティティの確立の様子より親の気持ちになってしまってとても苦しかった。遼子さんが最後少しだけ開きかけたのにこの国なんて大っ嫌いって言うところ。しんどいな。
★11 - コメント(0) - 2016年4月18日

感想・レビュー投稿者

3244冊/884786ページ/女性/39/主婦

くまごろーさんの最近の感想・レビュー

大阪的 (コーヒーと一冊)
本屋に『知らんけど。』とポップが立ってて即買って素早く読んだ。喫茶店で話し込んでるお二人の会話を端で…続きを読む
孤狼の血
柚月さんて広島に縁がある人?とこの方の本を読むたび毎回奥付を見るくらい、声に出して読みたい広島弁じゃ…続きを読む
実さえ花さえ
粗い、エピ盛り込みすぎじゃね、という印象が残ったのだが(おりんのこととかもっとあって良かった)、うん…続きを読む
闇の守り人 (新潮文庫)
哀しみが大きすぎて泣いてしまった。ちゃんとお葬式をすることって大事。続きを読む
ままならないから私とあなた
朝井さん、朝ドラ書いてくれないかな。圧倒的にすれ違う関係、たまに交差して少しずつ捻れていく会話、性別…続きを読む
君がいない夜のごはん
庶民たる自分は特に、生ハムメロンと出逢うことなどそうそうない(上にメロンが食べられない)のでNGです…続きを読む
ログイン新規登録(無料)