若者と労働 「入社」の仕組みから解きほぐすのkouki_0524さんの感想

自分も含めて、学校を卒業しただけでなんの技能も持たない人間がなぜ企業にどんどん採用されていくのか?あたり前なんだけれど素朴な疑問でもあるこの現象を、欧米との比較も交えながら丁寧に解説してくれる。 ハードな仕事を課されても、家族手当や年功賃金で報いのあった以前と比べて、現在はそうではない。自分というものをしっかりと持たなければ、疲弊するだけ。そのことがよく理解できる一冊。
★5 - コメント(0) - 2016年4月25日

感想・レビュー投稿者

977冊/318562ページ/683レビュー/男性/IT関係

kouki_0524さんの最近の感想・レビュー

電通事件 なぜ死ぬまで働かなければならないのか
この本を読むと、電通だけが10時退社を徹底しようとしても無理なのがわかる。民放局の追求が弱いのは電通…続きを読む
伊藤計劃トリビュート2 (ハヤカワ文庫JA)
虐殺器官の上映が去年から延期されて今年になったのだが、それがなければ多分このトリビュート2の出版はな…続きを読む
青い宇宙の冒険 (講談社青い鳥文庫)
子供に読んでもらおうと思ったが、先に自分で読んでみた。ただのジュブナイル小説ではなく、かなり本格的な…続きを読む
ロボット・イン・ザ・ガーデン (小学館文庫)
ロボットものだが、実際は主人公の成長物語。 表紙をまずみてからこの古いロボットの描写を文中で読めば、…続きを読む
PSYCHO-PASS GENESIS 4 (ハヤカワ文庫JA)
ついに完結した。ノベライズというと原作をなぞるだけのものも多いが、このシリーズは違って、作品世界の大…続きを読む
ルポ トランプ王国――もう一つのアメリカを行く (岩波新書)
トランプ大統領は自分に批判的な報道を否定し、"Alternative fact"…続きを読む
ログイン新規登録(無料)