象は忘れないのくまごろーさんの感想

『原発が爆発するのを目の当たりにしたのだ。何も起きていないはずはない。(略)何もなかったかのように振る舞えば、何もなかったことになるのではないか。懸命にそう思おうとしているのが明らかだった。』これがこの物語(とても虚構とは思えなくて震える)が生まれる原動力じゃないかなあと思った。まさに自分がそうだから。忘れたことにして、実際危機感はだいぶ薄れていて、何もなかったことにしようとしている。背筋がすうすうする。
★13 - コメント(0) - 2016年4月25日

感想・レビュー投稿者

3244冊/884786ページ/1523レビュー/女性/39/主婦

くまごろーさんの最近の感想・レビュー

大阪的 (コーヒーと一冊)
本屋に『知らんけど。』とポップが立ってて即買って素早く読んだ。喫茶店で話し込んでるお二人の会話を端で…続きを読む
孤狼の血
柚月さんて広島に縁がある人?とこの方の本を読むたび毎回奥付を見るくらい、声に出して読みたい広島弁じゃ…続きを読む
実さえ花さえ
粗い、エピ盛り込みすぎじゃね、という印象が残ったのだが(おりんのこととかもっとあって良かった)、うん…続きを読む
闇の守り人 (新潮文庫)
哀しみが大きすぎて泣いてしまった。ちゃんとお葬式をすることって大事。続きを読む
ままならないから私とあなた
朝井さん、朝ドラ書いてくれないかな。圧倒的にすれ違う関係、たまに交差して少しずつ捻れていく会話、性別…続きを読む
君がいない夜のごはん
庶民たる自分は特に、生ハムメロンと出逢うことなどそうそうない(上にメロンが食べられない)のでNGです…続きを読む
ログイン新規登録(無料)