世界一伸びるストレッチのそりさんの感想

この本を読んで、ストレッチはめんどくさいものから気持ちよいものと思えるようになった。前から、ストレッチをすれば体が軽くなるだろうと思っていた。でも、飽きる、めんどくさいなど思いこみがあった。だから、その思いこみが解消されたことはとてもありがたい。▼ひとつの部位のストレッチだけでも、「簡単ストレッチ」「もっと伸びるストレッチ」「パートナーストレッチ」といろいろ紹介されている。自分の体に適したやり方を選べる。著者の「最高の伸び感を提供したい」という意欲的なところが好きだな。
★13 - コメント(1) - 2016年6月6日
そり
運動前なら静的ストレッチよりも動的なものがよい、というのも初めて知った。動的ストレッチは、体の可動部分をいっぱい使うので、効果的にぽかぽかしてくる感じ。頭と体をしゃっきりさせてくれる。ストレッチは否が応でも必要になってくるだろう、と思っていたところ。嬉しい驚きがいろいろあった。
★4 - 06/06 16:04


感想・レビュー投稿者

627冊/196824ページ/478レビュー/男性

そりさんの最近の感想・レビュー

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)
喪失。それは信じられないくらい、なんだろう、戸惑う?ともかく世界が変わったように感じる。事実を口にし…続きを読む
新装版 春秋の檻 獄医立花登手控え(一) (講談社文庫)
ふだんは怠け者の小牧玄庵。隙なく小言小言の女房がいないと、かえって甲斐がいしく襷がけで、診療に精をだ…続きを読む
月下の自然―夜の散歩と思索のエッセイ
夜が好きだ。もっといえば月が出ていないといい。暗くて、空と地の境界線はぼやけ、統一されたとき。とおい…続きを読む
“聞き上手”の法則―人間関係を良くする15のコツ (生活人新書)
身近に聞き下手の人がいる。話を遮られること繰り返されると、意思疎通がなにか心もとない。喋ろうという気…続きを読む
風の歌を聴け (講談社文庫)
冒頭から読みはじめてすぐ、ぎょっとした。その感じはおぼえがあった。たしか、伊坂幸太郎さんが著した「オ…続きを読む
ニッポン発 世界基準! 「フラットスイム」なら4泳法とも速く泳げる!
平泳ぎの楽しさに気づいた。最初は、息つぎのときに水が口に入ったりして苦手だった。だから一旦息つぎをや…続きを読む
ログイン新規登録(無料)