戦争交響楽 音楽家たちの第二次世界大戦 朝日新書巻のおだまんさんの感想

第二次世界大戦を生きたたくさんの音楽家たちのドキュメンタリー。戦争の中でも思ったいたよりコンサートが行われ、聴衆もいたことに驚きでした。「戦争でも音楽は必要なのだ。」しかし、ここに出てくる著名な数々の音楽家たちはやはり運がよかったのだということも分かった。あとがきにもありましたが、戦争で亡くなった人々の中に将来大音楽家になれた可能性のあった人はどれくらいいたのでしょう。自分が無知だっただけに、少し、音楽の聴き方も変わるかもしれないくらいインパクトがありました。
★4 - コメント(0) - 2016年6月7日

感想・レビュー投稿者

1970冊/608677ページ/女性/技術系

おだまんさんの最近の感想・レビュー

闇の守り人 (新潮文庫)
ラジオドラマ再放送につき再読。続きを読む
カラー版 音楽で楽しむ名画: フェルメールからシャガールまで (平凡社新書)
カラーなのでとても楽しかった。時代も音楽史を現代まで網羅しているのがよかったです。絵の方ももっと積極…続きを読む
増補改訂版 「守り人」のすべて
増補改訂版再読。スピンオフドラマを先に見てしまったのですがイメージが違った。文字で読むほうがよかった…続きを読む
シグマフォース シリーズ9 ダーウィンの警告 上 (竹書房文庫)
ロリンズ作品でもやはりΣフォースシリーズは別格。わりと好きなテーマということもあり、ぐん…続きを読む
八月は冷たい城 (ミステリーランド)
七月〜の鏡本。登場人物が少年たちということで、また違った味わいだけど、世界観の根本は同じ。続きを読む
ログイン新規登録(無料)