夜の淵をひと廻りのまるさんの感想

時間軸がよくわからなくて、どの位時間が経ってるのか始めはわかりにくかったけど、シド巡査が若手から退職後までだから、30〜40年? 普通の警察物にもなりそうなところ、町の意思とか出てきてて異色。出てくる犯罪がどれも酷くて気分が重い…、けど、最後の坂東親子はだまされたし、全部繋がったなぁ〜と。
★5 - コメント(0) - 2016年6月8日

感想・レビュー投稿者

217冊/68993ページ/女性

まるさんの最近の感想・レビュー

【2016年・第14回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】ブラック・ヴィーナス 投資の女神
このミスの大賞はやはりおもしろいですね。 設定がありえない感はありますが、傘を差す人になりたいはいい…続きを読む
ヒポクラテスの誓い
タイトルと話題作らしいとの記憶だけで借りて、ヒポクラテスとあるから医療物だな、くらいで読み始めたとこ…続きを読む
ボーン・コレクター〈下〉 (文春文庫)
見事な謎解きで犯人を追い詰めていく下はスピード感が増しました。助けた被害者がテロ犯という最後は皮肉だ…続きを読む
ボーン・コレクター〈上〉 (文春文庫)
上司におもしろいよと勧められて。読み始めてから、自分が日本人作家を好む理由を思い出した&hellip…続きを読む
憧れの女の子 (双葉文庫)
『憧れの女の子』は初恋の女の子などかと思えば全く違うも、エンディングにほっこりし、『ある男女をとりま…続きを読む
当確師
「ハゲタカ」の真山仁さんの作品でタイトルが「当確師」。もうそれだけでおもしろそう。で、実際おもしろか…続きを読む
ログイン新規登録(無料)