松本清張傑作短篇コレクション〈上〉のソラキオさんの感想

どの作品も昭和初期の世相を表しており、一年半待て、地方紙を買う女、理外の理等、タイトルも秀悦。この時代、小説が今のスマホゲームみたいな大衆娯楽だったのだなー
★2 - コメント(0) - 2016年6月12日

感想・レビュー投稿者

85冊/30735ページ/男性

ソラキオさんの最近の感想・レビュー

情と理 -カミソリ参謀回顧録- 下 (講談社+α文庫)
情と理のタイトルに納得。如何に人を使い動かすか。派閥抗争の中で如何に内閣と国を導くか。ワンマンなリー…続きを読む
情と理 -カミソリ参謀回顧録- 上 (講談社+α文庫)
昭和の大役人から政治家への転身の時、大きな躓きあったのですね。即断即決即実現。大いなるリーダーシップ…続きを読む
点と線 (新潮文庫)
昭和30年代という時代性からか、社会派推理小説ながら大らかでのんびりした印象。装丁はどの登場人物にも…続きを読む
1973年のピンボール (講談社文庫)
物語には引き込まれ無いけど、表現、比喩、後の長編に通じる登場人物等に惹かれる。双子がアクセントになり…続きを読む
影の権力者 内閣官房長官菅義偉 (講談社+α文庫)
「影の権力者」と言うタイトルだと悪の黒幕的なイメージでしたが、著者は菅さんを気骨ある政治家として評価…続きを読む
ビジネスエリートの新論語 (文春新書)
昭和30年代のサラリーマン訓。筆者自らがサラリーマンであった故か月給取りを自虐的、卑下した表現が多い…続きを読む
ログイン新規登録(無料)