灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよのレイノーさんの感想

繊細かつ優しげな文体が織りなす6人のパーティの成長劇。未知の世界における不安を解消しようと新たな仲間達が膝を突き合わせるように歩みだしたその時……。○○○の××××××に吃驚。が、これが物語とキャラの心の裡の変化にドライブをかけて行く。◇シーンにも台詞にも派手さはないが、それゆえ等身大の少年少女が、おずおずと関係を紡ぎ始めていく様は自然なそれ。直面する○○○の△に対する皆の心の動きも同様で、共感度は高い。
★12 - コメント(0) - 2016年6月19日

感想・レビュー投稿者

12979冊/3277522ページ/9550レビュー/男性

レイノーさんの最近の感想・レビュー

オレたちバブル入行組 (文春文庫)
あの半沢直樹シリーズの第1巻。堺雅人出演のTV版は視聴済み。◇私よりほんの少し上の世代だろうか。銀行…続きを読む
オレたち花のバブル組 (文春文庫)
半沢直樹シリーズ第2弾。TV版はここまでですね。◆金融庁の黒崎、大和田常務と濃い面々が登場して花を添…続きを読む
埋火 (新潮文庫)
再読。7本の短編集。続きを読む
怪獣使いと少年―ウルトラマンの作家たち (宝島社文庫)
2000年(底本1993年)刊。◆作品全体の方向性と個々の物語のカラーを基礎付ける脚本家。本書は第一…続きを読む
ログイン新規登録(無料)