インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針のえみぃさんの感想

人間が、モノをどう知覚し、何に興奮し、どう行動するのかを、心理学の観点から記載してある本。Webページを作るときにはもちろん、自分や周りの人の行動を省みながら読めて大変面白かった。人の「無意識」で行われる判断をどこまで取り込めるかが重要。わかりやすさを重視して設計していきたい。ちょくちょく読み返したい本。
- コメント(0) - 2016年6月22日

感想・レビュー投稿者

95冊/24691ページ

えみぃさんの最近の感想・レビュー

Ruby on Rails 5 超入門
Railsの基本は他の本で押さえていたので、最新情報を取りたくて2週間でざーっと流し読み。csrf …続きを読む
結果を出して定時に帰る時短仕事術
限られた時間でアウトプットを出すには、どんなタスクを選別すべきか、どうやって効率を高めるかという内容…続きを読む
Web制作者のためのCSS設計の教科書 モダンWeb開発に欠かせない「修正しやすいCSS」の設計手法
読んで、旧時代のCSSを書いていたんだと恥ずかしくなった。ダラダラCSSを書く時代は終わり、きちんと…続きを読む
Head First Rails ―頭とからだで覚えるRailsの基本
Railsの基本をざっと確認したくて、Amazon見た限りではもっとも評価がよかったので読んだ。ひと…続きを読む
オブジェクト指向設計実践ガイド ~Rubyでわかる 進化しつづける柔軟なアプリケーションの育て方
オブジェクト指向の基本的な考え方とそのサンプルが事細かく記載してあって、ひとしきりの復習にとてもいい…続きを読む
鈴木さんにも分かるネットの未来 (岩波新書)
著者のネットの未来についての考えが書かれた本。Web記事で紹介されてて図書館で借りた。 未来に関して…続きを読む
ログイン新規登録(無料)