天剣王器―Dual lord,reversion 0571巻の日光一さんの感想

隠れた名作。これは本当に面白いので、少しSFの入ったファンタジーが好きな人にはお薦めしたい。ゲームのゼノシリーズ好きな人もいいと思います。とにかく世界観が秀逸な作品で、一冊だけで終わってしまったのがめちゃくちゃ勿体ないです。私的には綺麗に終わってるから、若葉とあゆみの物語はここで終わってもいいかと思いますが、この世界観ならいくらでも繋げられたのにという気持ちもやっぱりあります。人物も先生二人を始め、本当に皆魅力的でした。先生二人の前日譚とか本当に書いて欲しい。時間経過を考えるとよくまとめたとも思いました。
★1 - コメント(0) - 2016年7月4日

感想・レビュー投稿者

607冊/183049ページ/92レビュー/男性

日光一さんの最近の感想・レビュー

八月の終わりは、きっと世界の終わりに似ている。 (メディアワークス文庫)
設定、人物造型、話の筋などなど、全てが好み過ぎて、最後の五十ページで涙を堪えられませんでした。綺麗過…続きを読む
三月、七日。―その後のハナシ (ファミ通文庫)
同タイトルの続編、というか後日談。二人の恋愛の結果は同タイトルで語り尽されているので、この作品の中で…続きを読む
School Days (言葉編) (ハーヴェストノベルズ)
言葉も世界も、この物語の他の登場人物達もそうなのだが、自分の持っている幸せに気づけない点が共通してい…続きを読む
School Days (世界編) (ハーヴェストノベルズ)
一時期鬱ゲー、鬱アニメとして業界を賑わせたPCゲームのノベライズ。この物語の登場人物はもれなく全員が…続きを読む
天使は奇跡を希う (文春文庫)
青春恋愛系の王道作品。ライト文芸好きな人には是非読むことをお勧めする一冊。色んな意味で、時代が求めて…続きを読む
3days―刻の彼方の眠り姫 (パンプキンノベルズ)
ループモノのゲームのノベライズ。ゲーム版やった時は自室の鍵をしばらく注意するほど怖かったのを覚えてい…続きを読む
ログイン新規登録(無料)