松本清張傑作短篇コレクション〈上〉のSMOKEさんの感想

宮部みゆき氏が責任編集した松本清張の短編集。ああ、面白かったぁ!今までなんで松本清張を避けてきたんだろう。もう全部たまんないんだけど、芥川賞をとった「或る『小倉日記』伝」「一年半待て」「捜査圏外の条件」が好きだ。それよりもなによりも、清張好きすぎてはしゃいでいる宮部みゆき先生の乙女っぷり(まるでアイドルを語るかのような)がたまらない。なんか読んでるこっちが気恥ずかしくなるくらいで、ああ、人は好きなものを語るときって、誰でもこうなるんだろうなって頬が緩みっぱなしでした。
★3 - コメント(0) - 2016年7月10日

感想・レビュー投稿者

66冊/24938ページ/男性

SMOKEさんの最近の感想・レビュー

掏摸(スリ) (河出文庫)
再再読。こんなキャッチボールを僕も子供のころにしたかった。続きを読む
あの蝶は、蝶に似ている (河出文庫)
疲れた男を書かせたら右に出る者がいない藤沢周。なにを見てもなにかを思い出すのはヘミングウェイだけど、…続きを読む
音楽 (新潮文庫 (み-3-17))
精神分析医がある女性患者の訪問から完治までを語る。女性は「音楽」が聞こえないという。これは元祖トラウ…続きを読む
解錠師 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
言葉がしゃべれない十八歳の金庫破り。青春小説。たぶんミステリーじゃない。続きを読む
去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)
芸術と狂気について語った薄くても重い一冊。文中に出てくる芥川の地獄変をもう一度読みたくなった。続きを読む
殺人者の娘たち (集英社文庫)
父親が母親を殺してしまった。二人の幼い姉妹の前で。ふたりは、「殺人者の娘」として、苦しみながら生きて…続きを読む
ログイン新規登録(無料)