灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよのみづはしさんの感想

俺TUEEならぬ俺YOEEではじまる冒険物語。雑魚敵との戦闘でも死が懸かっている緊迫感が伝わってくる。一人称視点で描かれているので、主人公以外の心理が読み切れず気になってしまうところも良い。基本的に皆良い人だけど行動力がないので、空気を読まないランタの存在が良い点火剤になっている。
★1 - コメント(0) - 2016年7月11日

感想・レビュー投稿者

362冊/121517ページ/86レビュー/男性

みづはしさんの最近の感想・レビュー

プラムディヤ選集 (1) (プラムディヤ選集 1)
インドネシア独立戦争に参加した兵士とその家族のお話。ブル島四部作でもそうであったように、プラムディヤ…続きを読む
昭南島に蘭ありや〈下〉 (中公文庫)
シンガポールが日本軍に占領され、華僑の虐殺が起こった。これに恨みを抱いた華僑の義勇軍の生き残りは、東…続きを読む
駿河城御前試合 (徳間文庫)
計10試合の真剣勝負の様子とその背景が描写されているのだが、それらの内一つを取っても、文庫一冊にでき…続きを読む
雲の墓標 (新潮文庫)
特攻隊員の心情を綴った作品。反戦だとか戦争賛美などの主張を仮託している小説ではなく、ただ現実の心情を…続きを読む
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
その人が生きていた痕跡が消えてしまう喪失病が蔓延した世界。主人公とヒロインも罹患しており、あてのない…続きを読む
小池一夫のキャラクター新論 ソーシャルメディアが動かすキャラクターの力
SNSや政治などに話が移ったりする上、繰り返しも多いため本としての密度は薄い。あまりタイトルに期待し…続きを読む
ログイン新規登録(無料)