物理学史の南正太郎さんの感想

さらっとまとまっていて読みやすかった一方で物足りなさも残った。これより深い話題は専門書を紐解けということでしょうな……
★1 - コメント(0) - 2016年7月12日

感想・レビュー投稿者

1120冊/242050ページ/男性

南正太郎さんの最近の感想・レビュー

人生が変わる哲学の教室 (中経の文庫)
表面だけさらっとなぞっていたので分かりやすかったが、さらっとしすぎてて「何でそうなるの?」「論理展開…続きを読む
ホワイト企業 サービス業化する日本の人材育成戦略 (PHP新書)
これまた成長成長とうるさい本だった。この成長せよと脅迫してくる社会どうにかならんかね? 成長のための…続きを読む
増補 エロマンガ・スタディーズ: 「快楽装置」としての漫画入門 (ちくま文庫)
「萌え」という言葉の語義の部分で思い出したのだが、かつてオタクだった自分がこの言葉に出会って抱いた感…続きを読む
カエルの楽園
仕事で読まされた本。現状の自衛隊でも有事に対応できるのにここまでして必死に9条を目の敵にするのは一体…続きを読む
男心・女心の本音がわかる 恋愛心理学
ここに書かれている「ポジティブ心理学」がどれくらいの学術的妥当性を有しているのかは疑問だったが、恋愛…続きを読む
知性がただよう言葉づかい: ここ一番で口にすれば好印象でクール!
この本に出てくる言葉は半分くらいは知っていたものの、いざ自分が使うとなるとどうしても出てこない。今後…続きを読む
ログイン新規登録(無料)