灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよの羽子茉礼志さんの感想

アニメから。マナトの死を経て新しい仲間を迎え、仇を討つことで区切りをつけるまでの話が綺麗に一冊にまとまっていて、非常に面白かった。主人公達が非凡ではなく、一歩一歩地道に歩みを進めていくような泥臭い展開も好みで、彼ら彼女らの今後を見守りたい気持ちにさせてくれた。
★3 - コメント(0) - 2016年8月1日

感想・レビュー投稿者

572冊/177686ページ/男性/25/IT関係

羽子茉礼志さんの最近の感想・レビュー

私たち殺し屋です、本当です、嘘じゃありません、信じてください。 (ダッシュエックス文庫)
お決まりな流れっていうのはそれ自体が面白くはあるなあと。続きを読む
偽る神のスナイパー 2 (ガガガ文庫)
茴香に焦点を当てたシリーズ2巻目。彼女自身の掘り下げは勿論だけど、復讐を望む茴香と復讐を終えた吹芽の…続きを読む
ヘヴィーオブジェクト 死の祭典 (電撃文庫)
今回は番外編ということで登場人物は一新されているものの、これで終わりとするには勿体無いぐらい面白かっ…続きを読む
アクセル・ワールド〈2〉紅の暴風姫 (電撃文庫)
黒雪姫とニコが一緒に眠る姿を見て涙を流すハルユキの姿が印象的だった。続きを読む
Farewell,ours ~夏の僕らは瞬きもできない場所へ~ (ファミ通文庫)
世界の終わりと夢の終わりを掛けた世界観は面白かったなと。続きを読む
魔法使いと僕1 (オーバーラップ文庫)
世界観にしろストーリーにしろ大分シビアだなと。今巻は主役の二人が流された末に反乱に巻き込まれ(もしく…続きを読む
ログイン新規登録(無料)