夜の淵をひと廻りのえながさんの感想

シド巡査の短編集。どれも内容がヘビーでしんどかったです。ちょうど相模原の凄惨な事件があった時だったのでよけいに恐ろしかった。この小説の前に真藤さんの「墓頭」を読んでいたので、この方の傾向がわかったような気がしました、でもまだ2冊目なのでもう一冊いづれ読んでみようかと思いますが、この方の本は続けて読むと胃がもたれるので間に明るめの本を読んだ方がよさそうです。
★3 - コメント(0) - 2016年7月30日

感想・レビュー投稿者

105冊/30776ページ/女性

えながさんの最近の感想・レビュー

無貌の神
おとぎ話、寓話的な短編集で漠然と終わるものや最後にちょっと良かったなと思えるもがありました。「無貌の…続きを読む
自由なサメと人間たちの夢
全編を通して現実なんだか夢なんだか幻視、妄想なんだか分からないお話でした。ラストにちょっとした幸せや…続きを読む
猿の見る夢
薄井さんみたいな人に心当たりありって感じでイライラしながら読んだ、自分の快楽のために素直に行動する姿…続きを読む
夜行
ファンタジーミステリー。一人の銅版画家が描いた「夜行」48作品にまつわるエピソードがどれもじわーっと…続きを読む
最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常
藝大の音校、美校の学生さんは才能に胡坐をかくことなく日々努力している様子が素敵すぎる。インタビュー形…続きを読む
言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)
「クーリッジ効果」という言葉を覚えました。男性が浮気するのは遺伝子のコピーを残したいとう本能なのです…続きを読む
ログイン新規登録(無料)