アンドロギュノスの裔 (渡辺温全集)のおさむちゃんさんの感想

はあ、溜息が出るほどお洒落で素敵な時代。そして面白くて悲しい文章。初めての渡辺温でしたが、どれも良かった。特に短編の題名がどれもこれも好みです。
★1 - コメント(0) - 2016年8月2日

感想・レビュー投稿者

141冊/44275ページ/女性

おさむちゃんさんの最近の感想・レビュー

夏目漱石『こころ』 2013年4月 (100分 de 名著)
高校生の時に夢中で読んで以来ずっとこの本が忘れられない。本書で更に深く考察でき大変勉強になった。目か…続きを読む
一葉のポルトレ (大人の本棚)
三宅花圃、半井桃水、樋口くにを目当てに読んだが田辺夏子の文章が秀逸。一葉とのちょっと笑えるエピソード…続きを読む
泉鏡花集成〈1〉 (ちくま文庫)
殆ど初見の作品なので興味深かった。最初は私の思う鏡花的要素は少ない様に感じたが、全くそんな事はなかっ…続きを読む
幻想古書店で珈琲を―賢者たちの秘密 (ハルキ文庫)
コバルトの正体は何となく分かっていたけれど、背負ってる過去が切ないなあ。新キャラ風音も可愛さがひしひ…続きを読む
地縛少年 花子くん(1) (Gファンタジーコミックス)
雰囲気が独特で絵柄や小道具が非常に可愛らしい。こういう個性の強い漫画は眺めているだけでも楽しい。和風…続きを読む
(018)森 (百年文庫)
どれも素晴らしかった。特にモンゴメリ「ロイド老嬢」の自然描写や五月の章、六月の章と云った名前のセンス…続きを読む
ログイン新規登録(無料)