美女と竹林のステさんの感想

「美女と竹林は等価交換の関係にある」が標題の根拠であり大前提でもある、森見さんが竹林を刈ったり刈らなかったり、歯ごたえのあるケーキやステーキを食べたり、雨男が雨を降らせたりしつつ、締切次郎や呪いをかける裏山の和尚などオカルト的要素も満載のエッセイ(多分)。何だかんだ言って結局ほとんど竹林を刈らずにまさかの大団円に転がり込み、その上番外篇でもまた刈らないのかと思ったら、ちゃっかり「魂の浄化」などと称して竹林への宣戦布告をしてました。現場のほとんどは竹林でなく机上だった疑惑が濃厚ですが、楽しませて頂きました!
★12 - コメント(0) - 2016年8月11日

感想・レビュー投稿者

339冊/120591ページ/男性

ステさんの最近の感想・レビュー

子どもたちは夜と遊ぶ (下) (講談社文庫)
上下巻、読みました。辻村さん、本当にすごい。これだけの構成力、文章力、そして描写力。人の心の一番描か…続きを読む
子どもたちは夜と遊ぶ (上) (講談社文庫)
時間がかかりましたが、上巻読み終わりました。続けて下巻を読みます。感想は下巻の方でまとめて。間違って…続きを読む
小説 この世界の片隅に (双葉文庫)
世界の片隅にいるすずさんの目から見た、70年前の戦争と日常。これまで戦争を扱ってきた映画や小説のメッ…続きを読む
小説 君の名は。 (角川文庫)
映画は観てないけれど、小説の方を読んでみました。これは多分映画を先に観た方がいいパターンだと思います…続きを読む
サブマリン
ずっと再会したかった陣内さんの物語、かな。相変わらずかっこいいし憧れる大人です。この作品に関しては、…続きを読む
雪煙チェイス (実業之日本社文庫)
『白銀ジャック』『疾風ロンド』に続くゲレンデシリーズ3作目です。もうこのシリーズは、ミステリー要素も…続きを読む
ログイン新規登録(無料)