灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよのStanisław Marcin Ulam さんの感想

まともに読むラノベはこれが初めてだし直前に予備知識として『隣り合わせの灰と青春』を読んでおいたけどこれはあまり関係なかった。アニメを先に見ていたので展開は分かってたけど、ゲームのルールが分からず試行錯誤する序盤という感じで良かった。たいていのシングルプレイゲームは慣れるとハックする手法を見つけたりして作業になりがちなので、手探りの序盤が一番楽しい (本の感想なのかこれは)。
- コメント(0) - 2016年8月15日

感想・レビュー投稿者

530冊/116682ページ/38レビュー/男性/107/その他

Stanisław Marcin Ulam さんの最近の感想・レビュー

蛮勇引力 上 (ジェッツコミックス)
時系列が逆だがニンジャスレイヤーを想起させるサイバーパンクディストピア続きを読む
覚悟のススメ (11) (少年チャンピオン・コミックス)
バイク通学、停学2週間続きを読む
信長のシェフ 17 (芳文社コミックス)
果心居士のなろう系主人公願望がひどい続きを読む
血だるま剣法・復讐つんではくずし
伏せ字だけフォントが違うのに違和感があるので墨で塗りつぶしたみたいな感じにすると異様さが出てよかった…続きを読む
新装版 ソフィーの世界 (上) 哲学者からの不思議な手紙 ( )
かなり平易な文章なので中学生くらいのときに読んでおけばよかったと思った。続きを読む
ログイン新規登録(無料)