アクセル・ワールド ―激光の大天使― 14巻のコモリソさんの感想

アクアカレントの救出、マゼンタ軍との戦争、メタトロン戦と大規模戦争が立て続けに入れてあった巻だった。カレントとレパードの関係性にも驚いた。個人的には、ハルユキとタクムの再戦に関する負の伏線がイヤーな感じがする。まだ、平和的にはならないのか。
★2 - コメント(0) - 2016年8月17日

感想・レビュー投稿者

124冊/37651ページ/118レビュー/男性/26/教員

コモリソさんの最近の感想・レビュー

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方
生産性という言葉をきいて、工場の製品に関する言葉かと思ってしまった。時間やお金など有限で貴重な資源と…続きを読む
数学ガール/フェルマーの最終定理 (数学ガールシリーズ 2)
フェルマーの最終定理の流れを終えただけでも感動した 大学でやった代数学の群論や環、体についてもうすこ…続きを読む
Re:ゼロから始める異世界生活2 (MF文庫J)
ロズワール邸での死に戻りは今回も何度も起きた。主人公の死に戻りだけでそれ以外のチート能力が何もなく、…続きを読む
バカとテストと召喚獣4 (ファミ通文庫)
明久と美波の恋人騒動からDクラスとの戦争までの流れ 結局Bクラスとは何も無かったってことで良かったん…続きを読む
勉強の技術 (サイエンス・アイ新書)
科学的な観点から勉強の仕方について考察された本、自分のやり方の間違ってるところやほかの本と比較して同…続きを読む
バカとテストと召喚獣3.5 (ファミ通文庫)
短編集 それぞれのシチュエーションでのやり取りは面白かった。たた、召喚系は無かったかなあ続きを読む
ログイン新規登録(無料)