局地的王道食 1巻の黒鷺さんの感想

すあまとか磯辺揚げとかに生活の感傷を投影する漫画。過去の記憶、戻らない生活、明るいともしれぬ未来、そうしたものを、脇役として存在を保ち続ける食べ物に見出して、萌える漫画。絵柄と語り口に独特の味があり、感情が刺激される。
★3 - コメント(0) - 2016年8月24日

感想・レビュー投稿者

2170冊/397678ページ/女性/104/クリエーター系

黒鷺さんの最近の感想・レビュー

潜熱 1 (ビッグコミックス)
魔性的なヤクザのオッサンの魅力と、”処女っぽい”主人公の魅力が、絵と演出で忌…続きを読む
勇者ヴォグ・ランバ(2)<完> (アフタヌーンKC)
政策プレゼンが作者の想像であり漫画としてドラマになっていないところに問題があるのか…?…続きを読む
勇者ヴォグ・ランバ(1) (アフタヌーンKC)
女性の描き方とキィハのデザインは白眉だと思うんだが、本作に重版がかからないんだな。表紙が良くないのか…続きを読む
ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗 (講談社現代新書)
切ない。面白さに誠実であることと商売として成立させることは一致しないにしても、必ずしも矛盾しないはず…続きを読む
それでも町は廻っている 公式ガイドブック廻覧板 (ヤングキングコミックス)
絵の塗りだけで震えた。教えられてしまうことで失われる体験もあるが、堪え性がないので読んでしまう。漫画…続きを読む
ログイン新規登録(無料)