最少の時間と労力で最大の成果を出す 「仕組み」仕事術のKAKAPOさんの感想

職場がフリーアドレスになって、本を置くことが出来なり、自宅に持ち帰った本…「仕組み仕事術」を導入する目的は、仕事を何十倍というスピードでできるようにすることで、その空いた時間を人間が本当にやらなければならないこと「アイディアを考えることなどクリエイティブな仕事」に費やすためです。先ずしなければならないことは、仕事を「仕組化が必要な作業系」と「時間と労力を費やすべき考える系」に分け、作業系の仕事を仕組化することで、徹底的に楽にやることを追求し、考える系にひたすら時間と労力をかけられる状況を作り出すことです。
★35 - コメント(11) - 2016年9月24日
KAKAPO
hundredpinkさん、森治さん、cryptoryouさん、papakoさん、綾さん、Walhallaさん、ミレイさん、四耐四不さん、NSさん、Natsukiさん、Kawai Hidekiさん、ナイス!ありがとうございます。仕組み仕事術は、導入するだけではなく、継続的すること、定期的に効果を測定し、見直すことが大事ですね。
★1 - 09/24 11:58

KAKAPO
ミカママさん、のりさん、ナイスネイチャさん、Hitoshi Mitaさん、ナイス!ありがとうございます。この本を手に入れた頃は、仕事を効率的にこなすための仕組み作りとか、G-mailやPCの使い方とか、文章の書き方に悩んでいた時期かもしれません…そのような系統の本を読んでいたようです。――http://bookmeter.com/post/2/8720381
- 09/24 13:08

KAKAPO
心さん、ナイス!ありがとうございます。読みかけだと思っていたのですが、ほぼ読了していました。皆さんからいただいたナイス!に返信するために、パラパラと捲っていると新しい気付きがあって、嬉しいです。――http://bookmeter.com/post/13/145890742
- 09/24 13:18

KAKAPO
KAZOOさん、ナイス!ありがとうございます。いつも、泉正人さんの本が素晴らしい!と感じる理由は、言葉に新たな定義を加えるという仕組み化をしているところです。そうすることで、読者の印象に残り、読者は内容に感心するだけで終わることなく、書かれていることを実践に移すことができるようになるのです。見習いたいところです。――http://bookmeter.com/post/1/59233893
- 09/24 13:38

KAKAPO
0607xxxさん、ナイス!ありがとうございます。1日かかっていた仕事が2時間で終わる!「考えない」仕事術とは、「重要度」で優先順位をつけず、「処理時間」の短い「作業系」の楽なタスクから工場の機械のように一気に片づけることだそうです。
- 09/24 13:58

KAKAPO
chanvesaさん、K-TENさん、highさん、ナイス!ありがとうございます。著者は、最後に将棋界のトップを走り続ける棋士・羽生義治さんの言葉を引用しています。それは「才能とは、努力を継続する力である」組織でも個人でも、成功しているのは、諦めないで愚直に継続してきた事業がある組織、あきらめないで継続してきた習慣がある人です。
- 09/24 18:40

KAKAPO
Ayaさん、ミッキー・ダックさん、冬木楼さん、キューポップさん、イーストゲートさん、おはようございます。ナイス!ありがとうございます。「仕組み」仕事術の原点は、「面倒くさい」「やりたくない」だそうです。しかし(森博嗣先生が『「やりがいのある仕事」という幻想』の中で書いた)仕事の定義は「したいという気持ちはそれほどないけれど、それをしないと困ったことになるからするもの」ということなので「やらない」ではなく「楽にやる」のがポイントです。「楽」に変えるために自分の仕事に「仕組み」をつくるのです。
- 09/25 04:43

KAKAPO
さらさん、おはようございます。ナイス!ありがとうございます。また新しい一週間が始まりますので、何か仕組み化することによって、時間を短縮できるタスクがないか、探してみたいと思います。
- 09/26 04:36

KAKAPO
ヴェルナーの日記さん、あすなろさん、ナイス!ありがとうございます。仕組み化の第一歩は、マニュアルをチェックリストに変えることですね。マニュアルは、見ないけど、チェックリストは、見ないわけにはいかないから…
- 09/26 20:52

KAKAPO
みそさん、okumaさん、absintheさん、とびほびこびさん、ナイス!ありがとうございます。マニュアル、チェックリストに加えて、フォーマットも効果がありそうですね。
- 10/29 11:31


感想・レビュー投稿者

899冊/251663ページ/男性/58/専門職

KAKAPOさんの最近の感想・レビュー

アドラーに学ぶ よく生きるために働くということ (ベスト新書)
’14/12/24『嫌われる勇気』'15/1/24『アドラー心理学入門』&rs…続きを読む
日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則―感情に振りまわされない人生を選択する
おわりにより「どんなことが起きても、箱には入らないで、それらと向き合えたらと思います。それが、一番、…続きを読む
400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術
デザインオフィスnendoを率いる佐藤オオキさんによる本だが、テーマは、デザインの話だけではなく仕事…続きを読む
自分の小さな「箱」から脱出する方法
この物語の舞台であるザグラム社がそうであるように、トップが、「箱」に入っている場合には、社員は「箱」…続きを読む
2日で人生が変わる「箱」の法則
6年前に読んだ時は家族がテーマだと思ったのですが、再読した「箱」の法則は、家族や職場に平穏をもたらす…続きを読む
書くことが思いつかない人のための文章教室 (幻冬舎新書)
おそらく2年ほど前に読み終わっていたのに、感想・レビューを登録していなかった…著者の近…続きを読む
ログイン新規登録(無料)