また、同じ夢を見ていたのkozuさんの感想

前作はタイトル買いだったけど、今回は作家買い。かしこい、周囲からちょっと疎まれてる小学生の女の子と、個性豊かな彼女の友人たち。伏線からの後半がすごくて、紐解けていく感覚が心地良い。ただ点を追っていたら、実は無数の点でできた壮大な絵なのでした…というような。人生も似たようなもので、点とか岐路の連続なんだよなあ。人生とは、を語る表現が好き。
★46 - コメント(0) - 1月12日

感想・レビュー投稿者

83冊/28563ページ/女性/事務系

kozuさんの最近の感想・レビュー

いま、君にさよならを告げる (ハーパーBOOKS NV ロ 1-1)
事故で死んで幽霊になってしまった父親と、残されてひとりぼっちになった娘の、ちょっとファンタジーなお話…続きを読む
君を愛したひとりの僕へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-2)
もうひとつの物語、ようやく読了。こちらは結構切なくてツラい…。早々に「僕が愛したすべて…続きを読む
カフーを待ちわびて (宝島社文庫)
絵馬の願い事から始まるという、そこからもうドラマチックなラブストーリー。島の匂いや日差しや風の動き、…続きを読む
僕が愛したすべての君へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-1)
あらすじで惹かれて購入。こういう時間軸の話はやっぱり好み!同時刊行もおもしろい。続きを読む
【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)
ハリポタ好きだけど前情報や本屋でのパラ見でこの形式に、どうかなーと少し不安に思いながら購入。そんなの…続きを読む
タルト・タタンの夢 (創元推理文庫)
町の片隅にある小さくて小粋なフランス料理店。4人のスタッフで切り盛りするこのお店を舞台に繰り広げられ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)