男子の貞操: 僕らの性は、僕らが語るのテンパウロさんの感想

性欲とか性的指向ってなんだろうかという疑問に対して自分の性的指向が政府の規制によって作られているという見解を与えてくれる。 それとプラスしてセックスは一つのコミュニケーションであり、それ自体は目的ではないと、そう書いてある。 高校生くらいの時に読むとより一層効果的な感じがする。
- コメント(0) - 2016年10月20日

感想・レビュー投稿者

43冊/11378ページ/男性/32/技術系

テンパウロさんの最近の感想・レビュー

強くしなやかなこころを育てる! こども孫子の兵法
彼を知り己を知れば百戦危うからず。 子供向けの本らしいけどこのくらいわかりやすく書いてあると読みやす…続きを読む
オーバーロード3 鮮血の戦乙女
とにかく規格外な強さを持つナザリックの面々。 その中でも割りと強いキャラが反逆をする。 その反逆の原…続きを読む
あきらめない心: 心臓外科医は命をつなぐ (新潮文庫)
天才心臓外科医としてテレビで見たことがあった。 もともと手先は器用だったようだが、それよりも手術に対…続きを読む
オーバーロード2 漆黒の戦士
クレモンティーヌのセリフがアニメで聞きとれなかったが、ようやく理解できた。 ジンゴイ!って聞こえたん…続きを読む
オーバーロード1 不死者の王
アニメが面白くて興味があったので読んでみた。 アニメとセリフが微妙に違っていて、アニメにはアニメの良…続きを読む
なぜ妻は、夫のやることなすこと気に食わないのか エイリアン妻と共生するための15の戦略 (幻冬舎新書)
少し夫婦の形が固定的であると感じたが内容は面白かった。 妻の話を聞くときに同意のみを行う、意見を言わ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)