虹の歯ブラシ 上木らいち発散の浅木原さんの感想

大草原不可避。『○×8』は良くも悪くも一発ネタのバカミスだったけど、今度は七発ネタぐらいになって下ネタと本格ミステリが融合した多重エロバカミスという前人未踏の境地に到達した早坂吝は現代の戸川メフィスト昌子なのかもしれない。各編いちいちエロネタとミステリの趣向がちゃんと絡んでるのには笑うしかないし、最終章の趣向はそれこそある意味深水黎一郎『ミステリー・アリーナ』の向こうを張るというかこっちの方が4ヶ月早いのか……。2作目にしてこの作者でなければ読めない世界を創ったのは圧倒的に強い。面白かった。
★11 - コメント(0) - 2016年10月31日

感想・レビュー投稿者

6024冊/1986035ページ/2559レビュー/男性

浅木原さんの最近の感想・レビュー

靴に棲む老婆 (創元推理文庫)
『災厄』と『フォックス』の間の作品だけど、ノリとしてはわりと初期寄り(全体に『Yの悲劇』っぽいせいか…続きを読む
第九の日 (光文社文庫)
間に『デカルトの密室』を挟む連作4編。一応構造的にはミステリ、それもライツヴィル以降のクイーンオマー…続きを読む
第八の日 (ハヤカワ・ミステリ文庫 2-6)
後期クイーン的問題、即ち名探偵という存在の抱える主観と客観の混同問題に対して、「神は唯一であって、ほ…続きを読む
デカルトの密室 (新潮文庫)
これは知能と自意識の問題を巡るロボットSFであり、同時に最もエキサイティングな後期クイーン的問題論を…続きを読む
八犬傳 下(新装版) (廣済堂文庫)
山風長編四天王の一角に入るアルティメット傑作。山風による『南総里見八犬伝』のリライトと、それを書く曲…続きを読む
エラリー・クイーンの冒険 (創元推理文庫 104-15)
長編も残り少なくなってきたし、じゃけん短編集も読みましょうね~と手に取ったけれども、訳が古いせいかい…続きを読む
ログイン新規登録(無料)