純米酒を極めるのまっささんの感想

ただただ感銘を受けました。元は酒に詳しくなりたいという思いで開いた本ですが、偉大な先輩に酒を通じて人生を教えて頂くことになろうとは。真面目にモノを作ることの難しさと素晴らしさが存分に語られています。何かに行き詰りを感じている方には、打開のためのヒントを得られるのではないでしょうか。肝心の酒については、私には難解で半分も理解できなかったのですが、ある程度知識のある人であれば、とても楽しめる内容なのでしょう。本当に読んで、出会えて良かった一冊です。美味しい純米酒を飲んで、故人である作者を偲びたいと思います。
★1 - コメント(0) - 2016年11月2日

感想・レビュー投稿者

26冊/7398ページ/男性/38/事務系

まっささんの最近の感想・レビュー

Carver's dozen―レイモンド・カーヴァー傑作選 (中公文庫)
村上春樹を3冊連続で読んだ後、緩やかに他の作家に移行するために、村上春樹が繰り返し語っていたレイモン…続きを読む
職業としての小説家 (新潮文庫)
それ以外どういう人が読むのかわからない本だが、素直に(?)自分のように物を書くのが好きが人間が読めば…続きを読む
夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集1997-2011 (文春文庫)
村上春樹の長編を全て読んでからの本でしょうか。読んだ当時では釈然としなかったことに、軽い答え合わせが…続きを読む
女のいない男たち (文春文庫 む 5-14)
最後のお話がとてもいいですね。きゅっとここまでの話をまとめていく感じで。帰って奥さんとハグしたくなる…続きを読む
死神の浮力 (文春文庫)
ぐいぐい引き込まれますね。ページを進める手は、後半にいけばいくほど早まります。しかし、登場人物に感情…続きを読む
親なら知っておきたい 学歴の経済学
タイトルからイメージされる冷たい感じや、見たくない現実感は捨て去った方が良いです。今ある厳しい現実の…続きを読む
ログイン新規登録(無料)