富士山大爆発のすべて いつ噴火してもおかしくないのKazunori Uchiyamaさんの感想

図や写真が少ないので文章から想像する箇所が多い。しかし、このジャンルでは分かりやすいかも知れない。去年の御嶽山や熊本地震なども交え、ミューオンを使った最新研究状況にも触れる。肝心の富士山噴火だが、もちろん予知はしてないが、いつ起こってもおかしくないことを語っている。規模によっては日本の国自体の存続にも及ぶのだが、日々火山災害的には平和なので、国や自治体や各個人も対策の動きは鈍い。とは言え、個人で何が出来るかな?火山のホームドクターが減っているのは気掛かりだ。
★2 - コメント(0) - 2016年11月5日

感想・レビュー投稿者

101冊/23442ページ/男性/48/IT関係

Kazunori Uchiyamaさんの最近の感想・レビュー

秘島図鑑
ダイビングで潜った慶良間諸島の男岩など行けるところも有れば、名前は知っているが見たことない、というか…続きを読む
おべんとうの時間
丸々1ページにお弁当写真がドカンと載って、その人のエピソードがある。 どのお弁当も美味しそう! そし…続きを読む
子どもの「いや」に困ったとき読む本
2歳11ヶ月の暴れん坊将軍に手を焼くこともあるが、この本を読むとみんな経験する状況なのだとわかる。 …続きを読む
人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)
人工知能の歴史、基礎的な技術、今なぜ3回目の人工知能ブームなのか、この先どう活用出来る可能性があるか…続きを読む
3日でまわる北欧 in ヘルシンキ (Hokuo Book)
フィンランドのヘルシンキガイド。 こちらもシリーズ共通でカフェや雑貨屋さんがメイン。 日本からのヨー…続きを読む
3日でまわる北欧 in オスロ (Hokuo Book)
まだ行く予定はない、ノルウェーのオスロ。 カフェや雑貨屋、アンティークなどを集中して紹介してる。続きを読む
ログイン新規登録(無料)