探偵の探偵2のうにせんさんの感想

DVシェルターの大脱走のトリックはさすが。玲奈は相変わらず殴り殴られのハードさ。結末はまさかの展開に、辛かった。データ削除の後始末も、ライターの仕掛けも、理系的知識を使う玲奈の頭の良さがすごい。こういう小説のありがちを少し外した感じで、飽きが来ず楽しめる。あと2冊しか読めないのが残念。次回は死神との決着か。今度は後味よく終わってほしい。
★18 - コメント(0) - 2016年11月9日

感想・レビュー投稿者

530冊/184088ページ/女性/営業・企画系

うにせんさんの最近の感想・レビュー

アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)
やっと読めた名作。大まかなストーリーは知っていたものの、想像以上の感情移入をしてしまう読みやすさだっ…続きを読む
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
電子書籍なので気軽に再読。1回目以上に、自分の中にすとんと落ちてきた。もともとの自分の考え方と似てい…続きを読む
万能鑑定士Qの事件簿III (角川文庫)
3年前に読んだものをこんなに忘れているとは。初めて読む感覚で楽しめた。Ⅰ,Ⅱと比べるとインパクトには…続きを読む
万能鑑定士Qの事件簿 II (角川文庫)
Ⅰに引き続き、Ⅱも再読。残りページが少なくなり本当に解決するのかと思いきや、綺麗にハイパーインフレの…続きを読む
恋のかたち、愛のいろ
恋愛短編のアンソロジー。角田光代さん、原田マハさん以外は初読みだけど全部面白かった。読みやすかったの…続きを読む
万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)
シリーズ全巻読もうと思い、既読分再読。2度目なのに相変わらず面白い。結構忘れていたのでさらに。何度も…続きを読む
ログイン新規登録(無料)