夜のピクニックのたくじぃさんの感想

夜のピクニック。読了。 図書館からの借用。 最初は全然面白くなかった。どうでも良かった。ただダラダラと高校3年生が歩くだけ。読み続ける動機もなかった。それでも中盤を過ぎたあたりから高校生が感じる青春のきらめき、そして揺らぎ、これから続く将来に対する希望と不安。それらが見事に描写され、感動こそ少ないけれど、すばらしい作品だった。解説にも書かれているが、名作とはこのような作品を言うのかもしれない。
★34 - コメント(0) - 2016年11月8日

感想・レビュー投稿者

461冊/167885ページ/男性

たくじぃさんの最近の感想・レビュー

陽だまりの彼女 (新潮文庫)
陽だまりの彼女。読了。図書館からの借用。恋愛小説はきらいではありませんが、どうでもいいや、こんな話。…続きを読む
鹿男あをによし (幻冬舎文庫)
鹿男あをによし。読了。図書館からの借用。 万城目学、初めて読みました。面白いですね。コミックを読んで…続きを読む
一茶 (文春文庫)
一茶。読了。ブックオフ108円。この本の主人公について私は俳人としか知らず、芭蕉や蕪村など他の俳人と…続きを読む
一路(上) (中公文庫)
一路(上下巻)読了。図書館からの借用。すべて私の語彙力に起因することなのですが、読みづらかった。 で…続きを読む
ワイルド・ソウル〈上〉 (幻冬舎文庫)
ワイルド・ソウル(上下巻)読了。図書館からの借用。 大藪賞ですか。吉川新人賞ですか。推理協会賞ですか…続きを読む
闇の梯子 (文春文庫)
闇の梯子。読了。図書館からの借用。藤沢周平の短編集。「父と呼べ」「闇の梯子」「入墨」「相模守は無害」…続きを読む
ログイン新規登録(無料)