灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよのGlitterさんの感想

進化したWizardry小説。十文字青も前作、薔薇のマリアから進歩している。 落ちこぼれ冒険者たちがグリムガルで必死で生き抜いてゆく。 喪失を乗り越え前に進む主人公たちには好感が持てるし、キャラクターは人間味がある。
★2 - コメント(0) - 2016年11月10日

感想・レビュー投稿者

409冊/135223ページ/男性/31

Glitterさんの最近の感想・レビュー

OUT 上 (講談社文庫 き 32-3)
軸になる主婦四人組に感情移入できるかどうかが、この小説を楽しめるか否かの重要な条件になりそうだ。 続きを読む
鬼平犯科帳〈2〉 (文春文庫)
短編一つずつきっちりオチをつけながら、平蔵の周囲のキャラクターを深掘りしていく手腕は名人芸だ。 平蔵…続きを読む
古神道入門―神ながらの伝統
教典がないとはこういうことなのか…… 他の宗教でも宗派の違いというのは存…続きを読む
ウォーレン・バフェット 成功の名語録 (PHPビジネス新書)
鉄の自制心が光る一冊。 言うのは簡単だがやるのは難しい。継続するのは更に難しい。 やって継続している…続きを読む
死ぬほどいい女
強烈。グレーゾーンで弱者を食い物してきた小悪党が、帳簿のごまかしがバレたことで一気に坂道を転げ落ちて…続きを読む
時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)
40年間、絶えず映像化され続ける理由に興味があった。 まず100ページそこそこの中編であることに驚い…続きを読む
ログイン新規登録(無料)