刑事ファビアン・リスク 顔のない男のとしさんの感想

過去のいじめを復讐にクラスメートを次々と殺す殺人ミステリー。北欧の作家ということで普段なじみがなかったので入り込めるか不安でしたが、読みやすくミステリーの謎解きも面白かったです。残酷なシーンがあるので、怖いですが、そこがまたスリリングでした。主人公の学生時代の回想シーンも多々あり、なんだかノスタルジックな感じもしました。この作品の特徴は、なんといっても圧倒的なスピード感にあると思います。分厚い本ですが、展開が早いのでページが止まらなかったです。また国境間での警察同士のやりとりや連携もとても面白かったです。
★23 - コメント(0) - 2016年11月16日

感想・レビュー投稿者

391冊/127053ページ/男性

としさんの最近の感想・レビュー

夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)
SF小説。もうかなり前に書かれた小説ですが、古さは感じずに新鮮に読めました。翻訳のおかげなのか、とて…続きを読む
神無き月十番目の夜 (小学館文庫)
戦乱の戦国時代から平和になりつつあった時代に起きた、民衆と領主の出来事。重厚感がある作品でした。私は…続きを読む
イノセント・デイズ (新潮文庫)
いろいろ考えさせられる作品でした。元彼の奥さんと娘を放火殺人したとの罪で逮捕、死刑判決を受けた女性の…続きを読む
うさぎパン (幻冬舎文庫)
高校生の恋愛模様を描くほのぼのとした作品。私立の女子中学から外部受験で高校に進学した優子が主人公です…続きを読む
戦国北条記 (PHP文芸文庫)
小田原を中心に関東を支配した戦国大名の北条家。本作品は、北条早雲からはじまり北条氏直まで戦国時代を生…続きを読む
盲目的な恋と友情 (新潮文庫)
二人の女性が関係する恋と友情のお話。プライド、意地、劣等感などが満ち溢れていました。明るい作品ではあ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)