刑事ファビアン・リスク 顔のない男のとしさんの感想

過去のいじめを復讐にクラスメートを次々と殺す殺人ミステリー。北欧の作家ということで普段なじみがなかったので入り込めるか不安でしたが、読みやすくミステリーの謎解きも面白かったです。残酷なシーンがあるので、怖いですが、そこがまたスリリングでした。主人公の学生時代の回想シーンも多々あり、なんだかノスタルジックな感じもしました。この作品の特徴は、なんといっても圧倒的なスピード感にあると思います。分厚い本ですが、展開が早いのでページが止まらなかったです。また国境間での警察同士のやりとりや連携もとても面白かったです。
★23 - コメント(0) - 2016年11月16日

感想・レビュー投稿者

386冊/125330ページ/386レビュー/男性

としさんの最近の感想・レビュー

盲目的な恋と友情 (新潮文庫)
二人の女性が関係する恋と友情のお話。プライド、意地、劣等感などが満ち溢れていました。明るい作品ではあ…続きを読む
すべて真夜中の恋人たち (講談社文庫)
数ヶ月前に何気なく手にとり購入しました。普段は読まないタイプの本だったので、読めるかと不安でしたが面…続きを読む
ドミノ (角川文庫)
東京駅を舞台に様々な人がでてきて、つながりがあり猛スピードで走っていき終わっていく話。ほとんどが東京…続きを読む
伊藤くんA to E (幻冬舎文庫)
男性からみるとなぜ伊藤くんはこんなにもてるんだろうと不思議に思いました。もやもや感とイライラ感、毒が…続きを読む
黄色い雨 (河出文庫)
まるでサイレント映画をみているような静かな作品。静かな作品とはいいつつも、内容は壮絶な話です。ひとり…続きを読む
犯罪者 下 (角川文庫)
上下巻を通じて圧倒的なスケールとスピード感で描かれた作品。太田愛さんの作品は初でしたが、良く練られて…続きを読む
ログイン新規登録(無料)