悟浄出世のgaryouさんの感想

昔初めて読んだときは自分のことが書いてあるのかと思うたこともある。「実は彼が微かすかな声で呟つぶやいているのである。「俺おれはばかだ」とか、「どうして俺はこうなんだろう」とか、「もうだめだ。俺は」とか、」とかのくだりね。さすがに自分が堕天使だと思うたことはないけどね。それつてつまり元は天使だつたつてことでせう。これはいまも変はらない。成長してゐないことが確認できたのでよしとしたい。
- コメント(0) - 2016年11月18日

感想・レビュー投稿者

550冊/167112ページ

garyouさんの最近の感想・レビュー

ドラマ「鬼平犯科帳」ができるまで (文春文庫)
比較はむづかしいんだなあ。吉右衛門の「鬼平」と前三作との違ひが述べられてゐるところを読むと、書かれて…続きを読む
ほんもの: 白洲次郎のことなど (新潮文庫)
Obituaries といつたところか。知人の死後、とくに直後にその人のことを書くのはむつかしいなあ…続きを読む
深川安楽亭 (新潮文庫)
短篇集。大まかにわけると師と弟子もの(理解者もの)、生まれつきだから仕方ないもの、笑ひ話、といつたと…続きを読む
C. Auguste Dupin The Trilogy/ The Murders In The Rue Morgue/ The Mystery Of Marie Roget/ The Purloined Letter (English Edition)
何十年ぶりかに読んで「こんなにせりふだらけだつたつけか」と思ふなど。「盗まれた手紙」は「マリー・ロジ…続きを読む
Living with a Dead Language: My Romance with Latin
出版会社で編集をしてゐた著者は退職するにあたつてラテン語の勉強をはじめる。こどもが巣立つた後アルコー…続きを読む
The Fall of the House of Usher
冒頭部分を音読すると、それだけでなんだか重たくどんよりとした気分になつてくる。さういふ気分にさせる音…続きを読む
ログイン新規登録(無料)