探偵の探偵2のゆうくさんの感想

ページ数は少ないのですが、濃密なためか物語としてボリューム感を感じました。毎回ひどい目に合うのは読んでいて痛々しいですが、着実に成長しているのも感じます。続きがどうなるか。
★46 - コメント(0) - 2016年11月17日

感想・レビュー投稿者

335冊/129994ページ/男性/40/IT関係

ゆうくさんの最近の感想・レビュー

第三の時効 (集英社文庫)
この著者の作品は久しぶりでしたが、硬いというか骨のある物語は読んでいて面白かったです。いくつかの編か…続きを読む
ラッシュライフ (新潮文庫)
終盤の話が繋がっていくさまは面白く見事でした。老犬をゆずらなかったのは予想できたもののおかしかったで…続きを読む
トリップ (光文社文庫)
一癖どころ二癖ぐらいある人たちの物語。救われたものもあり、そうでないものもありと結末はそれぞれでした…続きを読む
万能鑑定士Qの推理劇IV (角川文庫)
今回は驚くような仕掛けや鑑定があまりなかったなという印象ですが、それよりも2人の距離がやっと近くなっ…続きを読む
鏡の花 (集英社文庫)
今回はなんだかうまくまとまらなかった印象でした。パラレルワールドっぽくて最後に収束していくのかと思っ…続きを読む
祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)
久しぶりの加賀シリーズ。一筋縄ではいかない展開と加賀の捜査力と人間性は相変わらず面白かったです。今回…続きを読む
ログイン新規登録(無料)