建築士・音無薫子の設計ノート 謎(ワケ)あり物件、リノベーションします。の緋莢さんの感想

大学の教授からインターン先として、とある設計事務所を紹介された今西中。そこは喫茶店と不動産屋が併設された変わった店の2階にある「音無建築事務所」だった。建築事務所の代表は小柄な女性・音無薫子は、鋭い観察眼と、奇抜な発想の持ち主で、訳ありの依頼人の依頼も、たちどころに解決していき・・・
★15 - コメント(1) - 2016年11月19日
緋莢
初読みの作家さんです。流行の職業+ミステリ(ライト)という感じの作品。部屋に窓がない理由や、物を捨てられない男と物を持てない女、部屋が使われなくなった理由など依頼を受けた音無が、解決していきます。音無が行うのは「リフォーム」というより「リノベーション」で、時には依頼人の要望を受けず、気に入らなかったら返金&元に戻すという強気な発言をする事も。ミステリーとしては弱かったですが、キャラクターが良く 文章も読みやすかったので、何か手軽に読みたいという時にはオススメできます。
★6 - 11/19 18:52


感想・レビュー投稿者

6830冊/1657988ページ/男性/35/その他

緋莢さんの最近の感想・レビュー

「少年A」被害者遺族の慟哭 (小学館新書)
厳罰化や被害者側の権利も拡大してきた「少年法」。しかし、遺族が納得できるレベルではなく、加害者は手厚…続きを読む
ブラックバイト――学生が危ない (岩波新書)
アルバイトのはずなのに過重な責任を負わされ、長時間労働の末、学業などに支障をきたす。時には授業に出る…続きを読む
アマゾンと物流大戦争 (NHK出版新書)
単なるネット通販企業から、巨大なグローバル企業へと変貌を遂げた「アマゾン」。アマゾンの強み、それは「…続きを読む
物流ビジネス最前線 (光文社新書)
これまで経済や企業を背後で支える地味な存在だった「物流」。しかし、ネット通販ビジネスが拡大し、生活に…続きを読む
姉のおなかをふくらませるのは僕 4 (ヤングチャンピオンコミックス)
友人たちと予定があわず、一人で帰っていたモリモンは、公園でカードゲームで遊ぶ忍たちと出会う。かつて「…続きを読む
裏本時代 (新潮OH!文庫)
1980年代。ブームとなった「裏本」。制作・販売に関わり、48店舗を擁する北大神田書店グループの会長…続きを読む
ログイン新規登録(無料)