建築士・音無薫子の設計ノート 謎(ワケ)あり物件、リノベーションします。の緋莢さんの感想

大学の教授からインターン先として、とある設計事務所を紹介された今西中。そこは喫茶店と不動産屋が併設された変わった店の2階にある「音無建築事務所」だった。建築事務所の代表は小柄な女性・音無薫子は、鋭い観察眼と、奇抜な発想の持ち主で、訳ありの依頼人の依頼も、たちどころに解決していき・・・
★12 - コメント(1) - 2016年11月19日
緋莢
初読みの作家さんです。流行の職業+ミステリ(ライト)という感じの作品。部屋に窓がない理由や、物を捨てられない男と物を持てない女、部屋が使われなくなった理由など依頼を受けた音無が、解決していきます。音無が行うのは「リフォーム」というより「リノベーション」で、時には依頼人の要望を受けず、気に入らなかったら返金&元に戻すという強気な発言をする事も。ミステリーとしては弱かったですが、キャラクターが良く 文章も読みやすかったので、何か手軽に読みたいという時にはオススメできます。
★4 - 11/19 18:52


感想・レビュー投稿者

6630冊/1604415ページ/6526レビュー/男性/35/その他

緋莢さんの最近の感想・レビュー

十万分の一の偶然―長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)
東名高速で起きた玉突き事故。多数の死者を出した凄惨な事故の様子を撮影した写真は「激突」と題され、A新…続きを読む
霧の旗 (新潮文庫)
殺人容疑で逮捕された兄の無実を信じ、九州から上京した柳田桐子は高名な弁護士・大塚欽三に弁護の依頼をす…続きを読む
松本清張傑作選 戦い続けた男の素顔―宮部みゆきオリジナルセレクション (新潮文庫)
幼少時代に起きた叔母の消失と生家炎上。それを思い出す男の胸中に浮かぶものとは(「入江の記憶」)、雪降…続きを読む
松本清張傑作選 黒い手帖からのサイン―佐藤優オリジナルセレクション (新潮文庫)
家具の月賦販売を成功させた内堀。しかし、その資金は銀行強盗で得たものだった。共に銀行強盗をした男の現…続きを読む
オバマへの手紙 ヒロシマ訪問秘録 (文春新書)
2016年5月27日。バラク・フセイン・オバマ米大統領が被爆地の広島を訪れ、被爆者と対面、17分間の…続きを読む
一気にわかる! 池上彰の世界情勢 2016
未だ大きな力を持つ「イスラム国」、世界各国で起こるテロ、日本にも関わってくるかもしれない難民問題、高…続きを読む
ログイン新規登録(無料)