塩の街―wish on my preciousの菜さんの感想

図書館戦争で甘々全開でしたが、原点なこの本でも甘々でした。有川さんの甘々は、心地良いです。塩害に世界が襲われるという不思議な世界観でしたが、すぐにしっくりきて、楽しめました。秋庭さんや真奈をみて、どんな状況でも人間、恋をしたら強くなるんだと感じました。塩結晶爆撃シーンの緊張感もたまらなかったです。読み終わったら「ハァ…」ってなります。
★18 - コメント(0) - 2016年11月19日

感想・レビュー投稿者

85冊/25031ページ/72レビュー/男性/14/小/中/高校生

菜さんの最近の感想・レビュー

ふたりの距離の概算 (角川文庫)
人間関係は難しいと感じます。自分は、人からの評価を結構気にするタイプだと思いますが、そういう事は、意…続きを読む
ヒア・カムズ・ザ・サン (講談社文庫)
どちらもスラスラと読めて、温かい話です。人を想うのは難しく、その想いに気付くのも難しいと感じました。…続きを読む
ゼロの迎撃 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
東京が武力侵攻され、大パニック。国家安全保障会議の場面から、法治国家ゆえに不自由な事もあるのかと気付…続きを読む
首都崩壊 (幻冬舎文庫)
首都直下型地震で日本が崩壊。すぐには信じがたい話ですが、作品のリアリティや全体を通しての切迫感などで…続きを読む
この部屋で君と (新潮文庫nex)
坂木さんと似鳥さん以外の方は初読みです。二人暮らしというと、恋人同士の生活しか思いつきませんでしたが…続きを読む
遠まわりする雛 (角川文庫)
短編集なので、たくさんのオチが楽しめました。一番は、「心あたりのある者は」です。千反田さんとホータロ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)