刑事ファビアン・リスク 顔のない男のふうさんの感想

一人で北欧ミステリーフェアなどと盛り上がって(はまって)30冊。一番多いのはスウェーデンの作品ですが、読むたびにスウェーデンが抱いているイメージとは違って怖ろしい国に思えてきます。人が殺される場面はどの国のミステリーも怖ろしいものですが、アメリカのようにピストルで1発というのではなく、怨念を込めてじわりじわりという感じで本当にひどい…。その分、殺人者の恨みや追う警察側の心理状態がこちらにもひたひたと伝わってきて、途中で閉じられませんでした。警官たちの家庭の問題や職場の人間関係など、抱える悩みも相変わらず。
★73 - コメント(4) - 2016年11月22日
ふう
いつも結末で裏切られるので、今回は「犯人はほかにいる。」と思いながら読み進めました^^。いじめの問題は先進国共通なのでしょうか。性の問題、女性警官の活躍は、やはり北欧ならではという感じです。
★17 - 11/22 11:19

Hugo Grove
フィンランドでは殺人事件はあまり話題になりませんが、一度大きく報じられたことがあります。夫が妻を滅多刺しに。赤ちゃんが血飛沫に塗れていたと。赤ちゃんは理解出来なくてもその光景は記憶に焼きつくのではと心を痛めたことがあります。
★4 - 11/22 12:08

ふう
Chikaさん、自然が美しく人権も尊重される国々でも、人が暮らしている限り怖ろしい事件は起きるんですよね。その赤ちゃんが大きくなっても、きっと記憶のどこかに潜むものがあるでしょうし、今はネットに記録が残る時代なので心配です。人を憎まずに生きていけるのは幸せなことですね。なんにもない暮らしだけど…。
★4 - 11/22 12:49

Hugo Grove
人を恨む分自分の身も心も削られますね。
★3 - 11/22 13:53


感想・レビュー投稿者

634冊/188758ページ/563レビュー/女性

ふうさんの最近の感想・レビュー

骨の刻印 (ヴィレッジブックス F ヘ 5-2)
深い悲しみを経験し、一度は法人類学から離れた主人公が、「死者に自身の物語を語らせること」が自分に与え…続きを読む
世界音痴〔文庫〕 (小学館文庫)
おもしろくて何度ふきだしたことか。おもしろくて、おもしろくて、それなのに何だか哀しくて&hellip…続きを読む
予告された殺人の記録 (新潮文庫)
「自分が殺される日、ナサールは~略~朝、五時半に起きた」という文で始まる物語。そう、彼は殺されると決…続きを読む
はじまりの日
大型絵本。男の人が、少年にギターをあげるところから歌が始まります。ページをめくるたびに少年は大きくな…続きを読む
ウェス・アンダーソンの世界 グランド・ブダペスト・ホテル
ごめんなさい。わたしが読んだのはこの豪華な本ではなく、映画館で購入するあの薄い冊子です。そんなのあり…続きを読む
ルソー『エミール』 2016年6月 (100分 de 名著)
若い頃から断片的には触れることが多かった「エミール」。今回も西件さんに導かれながらの読書でした。子ど…続きを読む
ログイン新規登録(無料)