塩の街―wish on my preciousの名古屋さんの感想

作者の他の作品が読みたくて、まずはデビュー作から読んでみた。 視点がふらつくのが気になる(特に、最初の1編はその人に視点合わせたら駄目じゃない?)ものの、設定等は面白かったので、安心して先に進んでみようかと。
★1 - コメント(0) - 2016年11月27日

感想・レビュー投稿者

80冊/25898ページ/80レビュー/男性/IT関係

名古屋さんの最近の感想・レビュー

ジャズと落語とワン公と 天才!トドロキ教授の事件簿
いやあ素晴らしい。大正から戦前という、いわゆる探偵小説の時代を舞台にしてるだけでも好物なのに、加えて…続きを読む
ブラインド探偵(アイ) (実業之日本社文庫)
それなりに面白かったんだけど、ちょっと物足りない印象。 視覚障害者が探偵をつとめるという筋立てながら…続きを読む
さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)
正直に言うとこれはよろしくない。メインである、ボリューム的にも小説の半分を占める5章が、それまでのい…続きを読む
いなくなった私へ (『このミス』大賞シリーズ)
ラストシーンはすごく良かった。 ただ、怪しげな新興宗教とか、道具立てが少し荒っぽいところが気になる。続きを読む
深山の桜 (『このミス』大賞シリーズ)
PKOなど、一歩リアルに踏み込んで書かれているので、興味深く読めた。謎の立て方も解き方も、その現場に…続きを読む
天満明星池
時代小説は然程詳しくないのでなんともだけど、面白かった。最終話のような人情話は大好物です。続きを読む
ログイン新規登録(無料)