松本清張傑作短篇コレクション〈上〉の登杜路さんの感想

中→上の順番で読了。さすがの出来。さすが清張さん。未読だった自分の不明を恥じるしかない。ミステリーとして好きなのは「一年半待て」小説として好きだったのは「真贋の森」面白かったし自分の知識も増えて行く。本当にいい読書。
★1 - コメント(0) - 2016年11月27日

感想・レビュー投稿者

123冊/43868ページ/男性

登杜路さんの最近の感想・レビュー

武州公秘話 (中公文庫)
谷崎のすごさを感じた。ストーリー展開のうまさはもちろん、武州公の心情描写が細かく行われている。実在の…続きを読む
天平の甍 (新潮文庫)
鑑真や普照よりもむしろ業行の心情に共感した。はたから見れば迷惑以外の何物でもない。けれど彼は自身の全…続きを読む
山猫の夏 (小学館文庫)
一気読み。山猫の醸す雰囲気に飲み込まれた。濃厚な密度のままジェットコースターのように進んでいく物語に…続きを読む
わたしの隣の王国
面白くなかったとは言わない。けど遊びすぎな感がある。七つの海を照らす星とかアルバトロスは羽ばたかない…続きを読む
薔薇の名前〈下〉
面白かった。けれど神学上の論争が多すぎてついて行けなくなる。正直、この小説を半分以上理解できたとは言…続きを読む
ログイン新規登録(無料)