刑事ファビアン・リスク 顔のない男の呉もよこさんの感想

ミレニアムに続く、重厚な北欧ミステリー。 元クラスメイトが次々と残虐な手口で殺されていく。 そこに、サイコサスペンス、イジメ、北欧3カ国の警察が絡み、警察内部の人間関係、ひとつひとつピースがはまっていくような読み応えのある作品だった。 若干、肝心な所が「刑事の勘」で済ませてる所が都合よすぎて、残念ではあるが、600ページを超える本を飽きることなく読み終われた。しかし、北欧ミステリーってどれも暗くて陰険で、残虐性があるのが多いと思うのは私だけだろうか?
★13 - コメント(0) - 2016年11月27日

感想・レビュー投稿者

246冊/64947ページ

呉もよこさんの最近の感想・レビュー

続59番目のプロポーズ 2nd season
タイトル通り、前作59番(彼氏)との恋のその後。現実は小説より奇なりーのまんまのような彼女の恋愛遍歴…続きを読む
恋愛格闘家
一言で言うと、著者のダメンズウォーカーエッセイ。 著者も「なぜ梅宮アンナはダメ男ばっかり・・・と思う…続きを読む
59番目のプロポーズ キャリアとオタクの恋
キャリアOLのオタクと付き合うまでの日記。 告白後「こんな告白したら、BOYS BE・・・みたいでキ…続きを読む
ポイズンドーター・ホーリーマザー
女の嫌な部分の様々なタイプをかき集めて濃縮した、嫌ミス短編集。特にラストの毒親テーマ2編は、子供の言…続きを読む
syunkonカフェ雑記 ~クリームシチュウはごはんにあうか否かなど~ (扶桑社ムック)
お料理のブロガーさんと知らずに初読み。 こちらはちょこっとお料理レシピは載っているものの、タイトル通…続きを読む
Dの殺人事件、まことに恐ろしきは
江戸川乱歩の名作をベースに現代のテクノロジーを加え、現代風?にした短編集。 スマホやゲーム等乱歩には…続きを読む
ログイン新規登録(無料)