刑事ファビアン・リスク 顔のない男の呉もよこさんの感想

ミレニアムに続く、重厚な北欧ミステリー。 元クラスメイトが次々と残虐な手口で殺されていく。 そこに、サイコサスペンス、イジメ、北欧3カ国の警察が絡み、警察内部の人間関係、ひとつひとつピースがはまっていくような読み応えのある作品だった。 若干、肝心な所が「刑事の勘」で済ませてる所が都合よすぎて、残念ではあるが、600ページを超える本を飽きることなく読み終われた。しかし、北欧ミステリーってどれも暗くて陰険で、残虐性があるのが多いと思うのは私だけだろうか?
★13 - コメント(0) - 2016年11月27日

感想・レビュー投稿者

250冊/65863ページ/211レビュー

呉もよこさんの最近の感想・レビュー

宇宙はなぜ「暗い」のか?
無限の空間に無限の恒星があり、その光が届くなら夜は明るいはずだー考えたことすらなかった。 そもそも、…続きを読む
ツバキ文具店
祖母から引き継いだ文具屋と代筆という職業を営む主人公。 依頼者を憑依させ、筆・墨・インクを選び、紙を…続きを読む
裸の華
ケガにより引退したストリッパーが、故郷ススキノに戻りダンスバーを開くところから始まる物語。 桜さんは…続きを読む
屈折くん
人間椅子のヴォーカル、ワジーの自伝エッセイ。 ファン目線でいくと「ワジー、売れて良かったね!続けて良…続きを読む
続59番目のプロポーズ 2nd season
タイトル通り、前作59番(彼氏)との恋のその後。現実は小説より奇なりーのまんまのような彼女の恋愛遍歴…続きを読む
恋愛格闘家
一言で言うと、著者のダメンズウォーカーエッセイ。 著者も「なぜ梅宮アンナはダメ男ばっかり・・・と思う…続きを読む
ログイン新規登録(無料)