建築士・音無薫子の設計ノート 謎(ワケ)あり物件、リノベーションします。のくまくまさんの感想

建築士、建築に関わるかる~いミステリー。ビブリ○古書堂の栞○さんを、建築士にして名前を薫子に変えただけという思いが拭えないまま読了。シリーズものにするならば、この終わり方でも納得。しかし続編がないならば、腑に落ちない点がいくつか…着眼点は素敵なのにもったいない本だった。
★19 - コメント(0) - 2016年12月1日

感想・レビュー投稿者

211冊/58180ページ/155レビュー/女性/30/主婦

くまくまさんの最近の感想・レビュー

連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)
鮮やかなどんでん返し!!!主人公の古手川を最後まで好きになれなかったことが残念(^^;続きを読む
微視的(ちまちま)お宝鑑定団 (文春文庫)
何も考えずに読めるリラックス本。昔、岩手の某温泉で女性(年齢はいってたとしても30代)がタオルも巻か…続きを読む
どぜうの丸かじり (文春文庫)
「おじさん"スタバデビュー"す」注文するときのドギマギ感、スタバ不得手な私にはよ…続きを読む
羊と鋼の森
森の描写や比喩、装丁も含め美しい本でした。さながら、森のなかで読書してる様でした。そして、ひた向きに…続きを読む
リバース (幻冬舎文庫)
「リカ」シリーズ3作品目。あの最恐の女、リカの小中学生の頃のお話。もう最後にはすっかり「リカ」が仕上…続きを読む
産む、産まない、産めない
作中の医師の「出産が女の人生のすべてとは考えないようにしませんか」の一言が響いた。たまたま生物学上、…続きを読む
ログイン新規登録(無料)