刑事ファビアン・リスク 顔のない男のyukizさんの感想

どうして北欧ミステリの警察官はこんなに身勝手なのだろうか。面白すぎ。今回はスウェーデンとデンマーク両国に渡るため起きる軋轢が描かれているのもリアル。日常生活でも起きることなのだろうな。この辺りが描かれている小説があったら読んでみたい。
★4 - コメント(0) - 2016年12月1日

感想・レビュー投稿者

78冊/29589ページ

yukizさんの最近の感想・レビュー

熊と踊れ(上)(ハヤカワ・ミステリ文庫)
上・下巻読み終わり。前半はやや進まないところがあったが、途中から一気に読めました。あとがきまでで一つ…続きを読む
ホテル1222 (創元推理文庫)
ドラマを見ずに原作を楽しもうと思い探して読んだ。これ、ドラマと同じ?と思ったら、シリーズの他の作品だ…続きを読む
湿地 (創元推理文庫)
緑衣の女を先に読んでしまっていたので、ややネタバレしながら読み進め。各国の小説を読むと天候がいろんな…続きを読む
定本小川未明童話全集 6
童話、と侮るなかれ。心に染み入る話が盛りだくさん。ゆっくり読みたい一冊です。続きを読む
特捜部Q―吊された少女― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
今までと比較すると、やや、ひねりがなかったかな。またグロさも抑え気味。というわけで毒にも薬にも、な一…続きを読む
ログイン新規登録(無料)