いまさら翼といわれてもの花野さんの感想

「箱の中の欠陥」と「わたしたちの伝説の一冊」は文芸カドカワで既読。やっぱり、摩耶花はもう少し怒ってもいいんじゃないだろうかと思います。好みとしては「連峰は晴れているか」と「長い休日」が好きです。個人的に『遠回りする雛』が好きだったので表題作には肩透かしを喰らいました。どことなく腑に落ちない。ところで奉太郎の母親が故意に描かれてないのは明白だけれど後々何かで言及されるのかどうなのか地味に気になります。
★24 - コメント(0) - 2016年12月5日

感想・レビュー投稿者

1191冊/276545ページ

花野さんの最近の感想・レビュー

文芸カドカワ 2017年1月号<文芸カドカワ>
狩人の悪夢、最終回。切断された手首の意図が、読みどころでした。何度か読み返してましたが、単行本でまた…続きを読む
文芸カドカワ 2016年12月号<文芸カドカワ>
「狩人の悪夢」そろそろ謎解き前の終盤でしょうか。沖田と塩田の関係とメールの内容、謎の合言葉? はこの…続きを読む
ミスティーレッド―ふたつの恋、ふたつの未来 (コバルト文庫)
続き出てほしい…。あとがきのまた戻ってきますの言葉を信じて待ちます。レッドの、そのとき…続きを読む
文芸カドカワ 2016年11月号<文芸カドカワ>
「狩人の悪夢」徐々に登場人物たちの関係図が見え始めました。今のところピースがどのくらい集まっているの…続きを読む
長閑の庭(4) (KC KISS)
シュバさんが魅力的になっていっててびっくりした。けど周りはそうではない…。好みでいうと…続きを読む
夏目友人帳 21 (花とゆめCOMICS)
高校生の名取さんが孤独で夏目と会ったときの鋭さもわかるような気がしました。それでもちょっとずつ周りを…続きを読む
ログイン新規登録(無料)