エクサスケールの少女のizwさんの感想

izw
10月のAI社会論研究会でさかき漣さんに会い、「私、作家です。来月新しい本を出版します。研究会を主宰している井上先生も登場します。」と言われて出版されるのを楽しみに待っていました。非常に面白く、一機に読み進めましたが、シンギュラリティ、コネクトームなど人工知能、スパコンの話題に加え、不老不死、東海大震災、古代の国譲りの話題が、盛り込まれていて、内容が濃すぎて、消化不良を起こす人が多いのではないかと心配になりました。この作品を題材として映画化すると面白いストーリー展開になるのではないかと思います。
★19 - コメント(0) - 2016年12月6日

感想・レビュー投稿者

izw
3157冊/675914ページ/男性/59/IT関係

izwさんの最近の感想・レビュー

コンピュータが小説を書く日 ――AI作家に「賞」は取れるか
松原仁さん主催「きまぐれ人工知能プロジェクト 作家ですのよ」で、星新一のショートショートの解析してい…続きを読む
言葉屋3 名前泥棒と論理魔法 (朝日小学生新聞の連載小説)
言葉屋シリーズ第3巻、詠子が中学生になった。言葉の微妙な働きがますます丁寧に描かれていて、読んでいて…続きを読む
言葉屋2 ことのは薬箱のつくり方 (朝日小学生新聞の人気連載小説)
「言葉屋」としての修行を通じて、世の中には多様な言葉があり、言葉の微妙な働きに気づいていく詠子を通じ…続きを読む
超創造科学―ナノ・バイオ・ITの未来 (科学のとびら)
武田計測先端知財団が開催したシンポジウムで、AI、構造タンパク質、材料開発の専門家3名の講演と、パネ…続きを読む
危ない大学・消える大学 2017年版 (YELL books)
2016年7月発行の本書は、1993年から始まったシリーズで22作目だそうです。大学総定員充足率、予…続きを読む
仕掛学
著者はAI研究者で、データからの意思決定に役立つ知識発見に取り組んでいたが、世の中の事象がほとんどデ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)