エクサスケールの少女のizwさんの感想

izw
10月のAI社会論研究会でさかき漣さんに会い、「私、作家です。来月新しい本を出版します。研究会を主宰している井上先生も登場します。」と言われて出版されるのを楽しみに待っていました。非常に面白く、一機に読み進めましたが、シンギュラリティ、コネクトームなど人工知能、スパコンの話題に加え、不老不死、東海大震災、古代の国譲りの話題が、盛り込まれていて、内容が濃すぎて、消化不良を起こす人が多いのではないかと心配になりました。この作品を題材として映画化すると面白いストーリー展開になるのではないかと思います。
★18 - コメント(0) - 2016年12月6日

感想・レビュー投稿者

izw
2800冊/607850ページ/859レビュー/男性/59/IT関係

izwさんの最近の感想・レビュー

指きりは魔法のはじまり (シノダ!)
シノダ!シリーズ10冊目、このシリーズは題材が多様で飽きない、ストーリー展開もテンポがよく、個性的な…続きを読む
言葉屋 言箱と言珠のひみつ (朝日小学生新聞の人気連載小説)
言葉屋とはおもしろい職業を考えたものだ。言葉屋は言箱(コトバコ)と言珠(コトダマ)を扱う、言珠が言う…続きを読む
日本酒学 (新書y)
日本酒を味わいが、原料である米、水の違い、造り方の違いで、どのようにバリエーションが増えるかが、簡明…続きを読む
なぜあなたの予測は外れるのか――AIが起こすデータサイエンス革命
筆者は、T・AI(Timeseries Artificial Intelligence) を使って、…続きを読む
四月になれば彼女は
川村元気は3作品目。こんな「愛」もあるのかと思うほど、様々な愛の形を描いている。目次は「四月になれば…続きを読む
人狼知能 だます・見破る・説得する人工知能
人狼ゲームをプレイする人工知能の実現を目指した取り組みが紹介されている。人狼ゲームは、不完全情報ゲー…続きを読む
ログイン新規登録(無料)