灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよのさいさんの感想

ゲームっぽい雰囲気だなぁ,,,と思っていたらあとがきで作者さんはゲーム好きとのことで納得。仲間でも人間関係がうまくいかなかったり弱い敵に苦戦したりとリアルな感じが良かった。ちょっとキャラクターの個性が強すぎるかな?弱いけど連携して戦いに勝つのが面白いです。続きが気になります。
★7 - コメント(0) - 2016年12月8日

感想・レビュー投稿者

247冊/84042ページ/男性/36/専門職

さいさんの最近の感想・レビュー

機械仕掛けの選択 サクラダリセット3 (角川文庫)
前巻の最後で続きが気になっていたら今回は過去編でした。今まで伏せられていたことが分かり色々と納得。死…続きを読む
盾の勇者の成り上がり 2 (MFブックス)
新しくペット兼移動手段が仲間になり行動範囲が広がりました。しかしヒロインもだけどペットも成長が早すぎ…続きを読む
盾の勇者の成り上がり 1 (MFブックス)
初めての作家さん。序盤のどん底感読んでいて嫌になりました,,,悪者を悪者として書こうとしたのは分かり…続きを読む
魔女と思い出と赤い目をした女の子 サクラダリセット2 (角川文庫)
咲良田という町の中限定の超能力がある話の2巻目。一巻でスゴいものとして登場したものの全く意味のないも…続きを読む
猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1 (角川文庫)
初河野さんの作品。超能力もの。始まったばかりだからなのかあっさりな印象。能力の掛け合わせが上手く驚き…続きを読む
クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)
後味悪っ。主人公の説明の段階で、うわー,,,という感じですが潤さんのネタバレで更にキツくなりました。…続きを読む
ログイン新規登録(無料)