きみといたい、朽ち果てるまで ~絶望の街イタギリにての蒐さんの感想

モニター当選で読了。モニターの感想では「ホラーなのにラブストーリー」といった感想が多かった気がするが、私の中では「純愛ものかと思いきや物凄くホラー」というのが正直な感想。殺人は日常茶飯事でなんかゾンビっぽいのが存在する街が舞台だが、その世界観自体にはなぜかあまりホラーっぽさを感じなかった。でも、そんな世界で育った少年と少女のラストの行動が、純愛もここまで突き抜けると心理的には美しいのに行動的にはおぞましくて、そのギャップにゾッとした。好きなタイプの話ではなかったが、こういうホラーの手法は新しいなと思った。
★14 - コメント(0) - 2016年12月10日

感想・レビュー投稿者

312冊/97143ページ/女性/27/公務員

蒐さんの最近の感想・レビュー

クローバーナイト
子育てには正解がない。なのに選択肢だけは多い現在の子育ては大変だ。そんな空気感をリアルに出しつつ、子…続きを読む
櫻子さんの足下には死体が埋まっている 狼の時間 (角川文庫)
phantomのハンドルネームで正太郎に近づき、自殺志願者のグループに潜入するよう依頼をする花房。そ…続きを読む
ヒポクラテスの憂鬱
前作が面白かったのでシリーズ化してくれて嬉しい!前巻とは違い、法医学に対する迷いや葛藤が真琴の心から…続きを読む
半席
普段男性作家さんの時代小説はあまり読まないが、ミステリーのランキングで上位に入ってたことをきっかけに…続きを読む
大正箱娘 見習い記者と謎解き姫 (講談社タイガ)
あとがきに書かれた「箱には娘がよく似合う。」という言葉が感覚的にしっくりくる、そんな作品だった。「箱…続きを読む
小説の神様 (講談社タイガ)
ヘタレな主人公が強気な女の子に引っ張られて成長する話って、よくある設定だよね、とか軽いノリで手にした…続きを読む
ログイン新規登録(無料)